売り込んでしまうと売れない話

どうもkです。
アフィリ初心者のころにやってしまいがちなことが
売り込んでしまうということです。

 

 

あまりにも発生して欲しいがために

「この商品はこんなすぐれた成分が入ってまして」
「価格も公式サイトで買うと最安値ですよ」
「飲めば、肌が若返ります」

こんな風に売り込みすぎてしまうと
人は拒絶してしまうんです。

発生しない→売り込む→売り込む→発生しない
というループに陥ってしまいがちなので注意が必要ですよ。

僕も服屋で店員さんがついてきて売り込んでくる店舗は苦手です。
(こないだいった服屋の店員さんはすごかったなぁ、
サッカーのディフェンダーばりにマンツーでした)

あなたもきっとそうではないでしょうか?

商品を紹介するときは、
ここが〇○だったらもっといいのに・・・
もう少し価格が安かったらいいのに・・・

とか販売者がいいづらい本音を書くのがいいでしょ。
あなた自身が実際に使って感じたメリット・デメリット。

 

 

そんな正直な感想がオリジナル記事で価値があるんです。

 

 

自分というキャラを隠さず、
しっかりとその商品の感想をわかりやすく書く
そういった記事が積み重なっていくことで
読んでいるユーザーがファンになってくれるんです。

どんな文章をかけばいいかわからない
と思うかもしれませんが、最初からうまくはできないです。

 

 

練習することで少しづつうまくなるんです。
自転車も三輪車も最初は乗れなかったでしょ。

 

 

1日でもすぐに発生したいとい気持ちはわかります。
でも慌てると売り込むとなかなか発生しないんです。(ノ△・。)

 

 

ユーザー目線、ユーザー目線これが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です